アクセスカウンター

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信
アクセスアップ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

餅ねこ

Author:餅ねこ
夜店の金魚すくいから持ち帰った金魚の成長を日々見守っています。金魚初心者ながらあれこれ調べながら育てるのは楽しいものですね。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


金魚専門の検索エンジンです。
金魚サイトを探すならここで。


金魚好きHITOTSUYAさんの金魚ブログです。

水槽に金魚
夢幻さんの彩り豊かな金魚たちの飼育ブログです。

お気に入りサイト


よくお世話になってるアクアショップで品数も豊富です。


金魚全般の情報満載サイトです。飼育方法、金魚図鑑、病気対策、飼育相談掲示板など。

バナー


当ブログはリンクフリーです。    ご自由にお持ち帰り下さい。    バナーサイズ(88×31gif)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブラインシュリンプの孵化

卵が孵化しましたの記事でも少し触れましたが、稚魚の餌には天然飼料が理想的だそうです。
小さめのミジンコやブラインシュリンプの幼生などが好ましく、稚魚用の粉末餌に比べ食いも良いそうなので、今回はブラインシュリンプの人工孵化に挑戦してみようと思います。

shrimp1.jpg
用意したポットに水を500ml入れます。
エアレーションをするので容器は塩水が飛び散ってもいいように蓋があるとよいと思います。
次に塩を15g入れ3%濃度の食塩水を作ります。今回は500mlに対し15gで3%濃度塩水を作りましたが、2~3%であれば問題ないようです。容器には容量表示のメモリがないので500mlと1Lの水面に合わせビニールテープを貼ってみました。

shrimp2.jpg
次にブラインシュリンプエッグを入れます。
塩水1Lに対してメーカー推奨はブラインシュリンプエッグ1gですが、量が多いと孵化率が下がるようです。今回は500mlなので0.5gを入れます。エアレーションをするので容器に蓋があれば穴を開けるか、注ぎ口などからエアーチューブを通します。エアーストーンは無くても問題ないです。(私はフィルター用の物が余ってたので使ってみました)

shrimp3.jpg
次に容器を水を張った大き目の容器に入れます。ひっくり返って中身がこぼれたりしないものならばバケツや洗面器などでもよいと思います。
これにヒーターを入れ水温を28℃に調節します。
準備ができたらエアレーションをかけ、照明を当てて放置します。水温によって孵化する時間が変るようで、28℃だとおよそ24時間で孵化します。

今日はここまでの作業で終わりましたが、明日には孵化するのかな~ちょっと心配です。
無事孵化しましたら、この後の作業から餌付けまで更新しようと思います。
でも稚魚が藻離れしていないと餌は無駄になるのですが、余裕を持って事前に準備ってことで・・・


◆アベニー餌付け

お食事中のアベニー画像が撮れたので載せてみました。
画像にうっすら変な人が映り込んでますが、気にしないで下さい・・・・私です(*ノωノ)


fugu1.jpg      fugusuisou.jpg
          アカムシ捕食中                     アベニー水槽

水槽にも少し慣れてきたのかよく食べますが、底に落ちてしまった餌に対して少し関心が薄いですね。あと、8匹の中でも比較的小さなアベニーはやっぱり餌を上手く食べれてないのでちょっと心配です。水槽にはまだ流木や障害物は入れてません。ガラス玉が入ってるのは妻の趣味です・・・・(^_^;)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。