アクセスカウンター

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信
アクセスアップ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

餅ねこ

Author:餅ねこ
夜店の金魚すくいから持ち帰った金魚の成長を日々見守っています。金魚初心者ながらあれこれ調べながら育てるのは楽しいものですね。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


金魚専門の検索エンジンです。
金魚サイトを探すならここで。


金魚好きHITOTSUYAさんの金魚ブログです。

水槽に金魚
夢幻さんの彩り豊かな金魚たちの飼育ブログです。

お気に入りサイト


よくお世話になってるアクアショップで品数も豊富です。


金魚全般の情報満載サイトです。飼育方法、金魚図鑑、病気対策、飼育相談掲示板など。

バナー


当ブログはリンクフリーです。    ご自由にお持ち帰り下さい。    バナーサイズ(88×31gif)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本文に入る前に残念なお知らせあります。前回水草を入れた後にソイルを導入したのですが
その数日後にヤマトヌマエビ3匹石巻貝2匹がお☆様になってしまいました。
エビ類は水質に敏感なのですね><
石巻貝にあたってはリセットされた水槽でエサの苔不足だったようです。
無知で不甲斐ない飼い主でゴメンよ~。゚(つд∩)゜。今後の教訓にしたいと思います。

◆水草増量~

さて本題です。前回中途半端に水草を入れたのですが、新たに増量することにしました。
底床にはGEXの水草一番サンドを3.5kgほど敷いて5日ほど前に準備しました。
ソイルを仕様するのは初めてで水を張ってみてちょっと思ったのですが、ソイル粒の比重が軽いので金魚が底砂を吸い込んで撒き散らしてしまいそうな予感が・・・(^_^;)

今回導入した水草は下の5種です。


ヘアーグラス
名の通り、髪の毛のような水草です。好適な環境ではランナーを伸ばしながら増えていくようです。Co2添加ができればいいのですが我が家には設備が・・・・(-_-;)ナイ
Co2添加が要とのことで枯らせてしまいそうで心配です。

nana.jpg アヌビアス・ナナ プチ
通常のナナよりもかなり小さく、ナナ ミニよりもさらに小ぶりで葉も小さくプチって感じです。
比較的成長が遅いので長い目で見て株分けを目標にしようと思います。
今回は小さな流木に活着に挑戦します。


bakopa.jpg ウォーターバコパ
小さいですけどバコパです。成長速度は普通のようです。特徴として「脇芽も脇根も出しにくく光に向かって直線的に伸びる」光量で葉色などに変化がでるようですが、不足していると葉が溶け落ちてしまうそうです。心配だ・・・

miriofiramu.jpg ミリオフィラムspオレンジ ローライマ産
名前の通りオレンジ色が強いミリオフィラムでこの種は成長が早く比較的大きくなるとのことです。
伸びた茎を途中でカットして差し戻しが可能らしいので環境に適合できれば増やせるかな?

seminaro.jpg ミクロソリウム セミナローリーフ
シダ系水草種ですね。水草セットの一品として購入したのですが大型種なのかあまり大きくならない種なのか不明です。名前から察するにノーマルとナローリーフの中間なんでそれほど大きくならないのかな?巨大化したらどうしましょ・・・


◆水草のトリートメント

新規の水草を導入する際には残留農薬や害虫が水槽に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。
購入した水草に関しては残留農薬処理済、もしくは農薬未使用だと思われるものを購入したので大丈夫だと思いますが・・・

①まず溜め置きした水で葉に傷をつけないよう注意しながら十分に洗う。
②洗う際にスネール(貝)や、その卵も注意して見る。
③次に水道で洗い流し、別に用意した溜め水に一晩ほど浸けて下準備する。

輸送の際に弱ってしまったり、水草の状態によっては薬浴(栄養剤)もいいようです。
水草の元水槽で生体に病気などが発生していた場合は「アグテン」で薬浴をすることで、
水槽内に病原菌を持ち込まない予防になります。
(アグテンはメチレンブルー溶液とは違い、水草のある水槽にも入れることができるようです)
元気の無い水草には「メネデール」を1リットルに対して0.4mlほどになるよう希釈した水に1週間ほど浸けて休ませるといいそうです。(メネデールには光合成に必要な水分や養分の吸収力を高めたり、光合成を活発にする働きもあります)

今回は水草の状態も特に気になるようなところがなかったので①~③の工程ですませました。



◆ナナ・プチ活着させよう

前回のウィローモスに続いてまた活着ネタですいません(^_^;)
用意する物は、ナナ、手ごろな流木(石)、ビニールタイです。

購入したナナプチは小株なので小さな流木に活着してみることにしました。
流木はアクを抜きをしないと色落ちして水槽内が茶色になってしまうので、アク抜きは必須です。(アク抜き処理されて販売しているものあるので、そちらを購入すれば手間が減ります)
流木のアク抜きには鍋で40分ほど煮出して冷やす。この工程を4回ほど繰り返したあと溜め置きした水に一晩浸します。
翌日浸した水が茶色に濁っているようなら水換えをしてアクが抜けるまで数日続けます。
今回はアク抜きした物を購入しましたが、念のため一回だけ煮出して一晩水に浸す工程をとりました。色落ちもせずアクも抜けて問題なく使えそうです。

流木の準備もできたのでいよいよ活着作業に進みます。

①まずポットからナナの株を抜きます。
②根の部分にロックウールが巻いてあるのでこれを外します。
 (細かい部分はピンセットや爪楊枝など使うなどして丁寧に取り除きます)
③ウールが外れたら水でよく濯ぎます。(トリートメントの際に洗えなかった部分なので一応)
④ビニールタイを使ってナナの軸部分と根を流木に固定します。
 (成長したナナの根は1㎝ほど残してカットすると、新根が出てきて活着しやすいようですが、
  購入したナナプチは株も小さく根も短いので少しだけカットしました)

固定にビニールタイを使ったのは、ナナが比較的成長が遅い種ということで活着するまで時間が掛かるのを見越して途中で切れてしまわないように、芯に針金が入ったビニールタイを使用しました。


nana2.jpg       nana3.jpg
      ポットから抜きウールを外す               ビニールタイで流木に固定

完成です。前回のモスドームに比べるとずいぶん簡単ですね~
ナナは成長がゆっくりなので活着するまでかなり時間が掛かるとのことです。
無事活着してくれることを祈り気長に見守ろうと思います。



◆外部フィルター導入

水草も増え水質の管理のことを考え外部フィルターを購入してみました。
今まで使っていた外掛けフルターと比べるのはちょっとアレですけど・・・別物ですね(ノ∀`*)
・物理濾過と生物濾過の両立で濾過能力に優れている。
・密閉式のため二酸化炭素も逃さず水草水槽に理想的。
(生体がいるので夜間エアレーションで酸素補給をする予定です)


eco2232.jpg 購入したのがコレです。
EHEIM エコ コンフォート(2232)
使用電源   100V / 60Hz
ポンプ流量 ( ℓ/h ) 550 ℓ/h
最大揚程  ( m )  1.3 m
濾過槽容積 ( ℓ )  1.6 ℓ
消費電力  ( W )  8 W
サブストラットプロレギュラー1kg 付き

濾材付き、呼び水機能、静音、高流量
価格などを考慮してコレに決めました。


さっそく組んでみることにします。
まずフィルター本体の場所を決めます。(運転に支障が出ないよう水槽水面からフィルターへの最高&最低高低差に注意しましょう)
フィルターケースにクッションラバーを貼って、ヘッドのコネクターに開閉タップを接続ます。
給水&排水パイプの取り付け位置を決めたら、2つの開閉タップとパイプをホースでつなぎます。
・金魚の吸い込みで巻き上げたソイルや、大きなゴミをフィルターに入れないよう給水パイプに
 はテトラのP-1フィルターを接続しました。
・流量が多いので排水の流れによる洗濯機状態防止の為シャワーパイプを接続してみました。
ろ材コンテナに濾材を入れ、フルターケースにセットします。(気休めですがバクテリア繁殖の為、濾材に今まで使用していた外掛けフィルターの給水スポンジのしぼり汁をかけてみました)


showerPipe.jpg      rozai.jpg
    上P-1フィルター 下シャワーパイプ                  濾材コンテナ

さていよいよ始動です。2つの開閉タップを開いたらマルチハンドルを倒して呼び水をします。
水が呼び込まれ始めたらマルチハンドルを元に位置に戻し、水が完全に溜まるまでこのまま待ちます。これで電源投入準備完了です。さっそく始動してみることに・・・
ブゥーーーーン・・・・・ ・ ・ ・ ・  ・ こ、これは・・・静かだ(゚д゚ )今まで外掛けフィルターの流水音に慣れていたのもあって驚きの静かさに本当に動いているのか疑ってしまうほどですね。
いい買い物しました大満足です。あとは濾材にバクテリアが繁殖してくれるのを期待して、一ヶ月ほどしたら一度メンテしてみようと思います。
今回水換えは1/3しかしていませんが、水草や新フィルター導入による水質変化を考え、大事をとって一日ほど寝かせて水合わせをしながら生体を入ようと思います。


suisou.jpg
とりあえず水草とフィルターの設置が終わったので画像を載せてみました。


まだ水質が安定するまでしばらく時間が掛かかりそうです。
ここ2週間ほどの短期間に目まぐるしい環境変化で金魚達には申し訳ないのですが、今後も水草やエビに金魚達も元気でいてくれることを祈りつつしばらくは注意して見守ることにします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。