アクセスカウンター

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信
アクセスアップ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

餅ねこ

Author:餅ねこ
夜店の金魚すくいから持ち帰った金魚の成長を日々見守っています。金魚初心者ながらあれこれ調べながら育てるのは楽しいものですね。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


金魚専門の検索エンジンです。
金魚サイトを探すならここで。


金魚好きHITOTSUYAさんの金魚ブログです。

水槽に金魚
夢幻さんの彩り豊かな金魚たちの飼育ブログです。

お気に入りサイト


よくお世話になってるアクアショップで品数も豊富です。


金魚全般の情報満載サイトです。飼育方法、金魚図鑑、病気対策、飼育相談掲示板など。

バナー


当ブログはリンクフリーです。    ご自由にお持ち帰り下さい。    バナーサイズ(88×31gif)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆伸びすぎです

カボンバが伸び盛りで、も~どうにもならなくなってきました。

前回トリミングしてから10日ほど経ちましたが、約2倍ほどの長さにまで伸びちゃってます。
コマッタモンダ(゚д゚ )

suisou602.jpg

水槽内を縦に横にモサモサと・・・・
金魚たちも狭そうに見えるので、またバッサリ切ることにしました。
しっかし何でこんなに伸びるんだろ?
前々から伸びるのが早かったけど、先日導入したCo2が更に影響してるのかな(^_^;)
間延びした茎を見ると明らかに短期間で伸びてると思うんだけど・・・・
ん~照光時間が長すぎるのかなぁ?
タイマーで9時間にしてるんだけど8時間に減らしてしばらく様子を見てみることにします。


◆隔離薬浴中~

ポップアイ症で隔離中のメス金魚たちの様子はというと・・・


kakuri602.jpg

かなり元に戻ってきたように感じます。2歳魚の方はほぼ完治したっぽいですね。
発見した時もひどく飛び出していたわけではないので画像では分かりづらいかもですが、無事回復に向かってるようで安心しました。

オスの追星が消えないのでまだ本水槽には戻れませんが、狭いバケツでかれこれ一ヶ月も隔離してるので目が治ったら早く水槽に戻してあげたいですね~


スポンサーサイト
◆モスドーム作り直し

一ヶ月ほど前にモスドームを作りました。
2週間ほどしてネットの間から新芽が出始めると、次々に金魚たちに抜かれてしまい現在はハゲハゲ状態で全盛期の1/3ほどしか残ってないです・・・・


moss527_1.jpg      moss527_2.jpg
          ドーム正面                       ドーム横面  

正面はガラス面との隙間がほとんどない為それほど抜かれてないのですが、横面と後ろ側はほとんど抜かれてしまってます。どうやら食べてしまったのではなく、単に抜き散らしてるだけっぽいです・・・スポンジフィルターに大量にモスが張り付いてました(^_^;)

そんな訳でモスドームを作り直そうと思い立ったのですが、前回とモスの種類を変えてみようと思い、今回は南米ウィローモスで挑戦することにしました。
成長して葉が三角に茂った南米ウィローモスは綺麗ですよね~
当ブログでは2回目のモスドーム作りなので前回と重複してる部分がほとんですが、前回は作成工程の画像がなかったので、もう一度モスドーム作り載せちゃいます。


moss527_3.jpg

今回もモスを1~2cmほどにカットします。 コレがけっこう地味に疲れます・・・
前回ネットは白を使ったのですが、茶苔が目立ったので今回は緑にしました。
実はオクラが入ってるネットです・・・食卓にオクラが出た時にとって置いたものです( ̄∀ ̄*)


moss527_4.jpg      moss527_5.jpg

カットしたモスをピンセットで鉢に貼り付けていきます。コレもなかなか疲れますね・・・
あまり重なりすぎないよう満遍なく、モッサモッサになったモスをイメージしながら貼ります。
↑コレ重要です。重ねすぎると下のモスが腐ってしまいますので適度が大事ですね。
貼り終わったら最後にネットを掛けます。
貼り付けたモスがズレないように慎重にネットで包みビニールタイなどでしばりましょう。

これで完成なのですが、このまま水槽に入れると活着する以前にまた伸びてきた貴重な新芽が抜かれてしまうので、ちょいとした細工をしてみようと思います。
用意したのは0.2mm厚のポリプロピレンシートです。これを加工してモスドームの周りに囲いを作って金魚にツマツマさせない作戦です。


cover3.jpg

↑ポリプロピレンシートをこんな具合に加工します。
素材が薄いのでカッターで簡単に加工できました。
これがどうなるかと言うと・・・・↓組み立てるとこうなります。


cover2.jpg

完成です。名付けてドームカバーだ!・・・・何て安直なネーミングだろう・・・捻りがない(゚д゚ )
生体がいる水の中に入れるの為、接着剤などは使いたくなかったので挿し込み式にしました。
さて、完成したのでさっそく水槽に入れてみるとしましょう。


domecover.jpg

ん~ サイズはまぁまぁかな。通水を考え上面は最初からオープンの予定だったのでいいとして、側面の隙間加減がちょっと心配だったのですがどうやらよさそうです。
ただ残念なのはアクリル素材と違って透明度が低いってところかな~
ちょっと水槽の外観を損なってるけど、まぁ今回はこれでよしとしておこう。



◆Co2添加に挑戦

今回モスドーム作りに使った南米ウィローモスですが、きれいな三角形に育てたい場合は大目の照明と少量のCo2添加が効果的とのことなので、Co2の添加にも挑戦することにしました。
当ブログにリンクさせていただいております
夢幻さんのブログ 「水槽に金魚」にて、先日Co2の発酵式添加の記事があったので、私も真似させていただきました。

co2set.jpg 用意した材料もほぼ同じですね、調べてみたところ500mlペットで約20日ほどの効果が見られるようです。私はペットボトルを1Lのものにして容量を少し多めに作って一ヶ月くらいもたせる計画で作ってみました。材料調達の際に大型のウッドストーンしか売ってなかったので20mmのエアーストーンにしてみました。Co2ストーンもあったのですが・・・・結構高いんですよね~(^_^;)

え~Co2発酵式の手順は夢幻さんのブログよりCO2添加発酵式。の手順に沿ってやっているので作業工程は割愛させていただきます。
モスドーム作りと平行しつつ砂糖ゼリーを冷蔵庫で冷やしていたので意外と早くできました。
エアレーションの位置を水槽横面から背面に移動して、Co2ストーンを水槽横面に設置します。ゼリー入りペットボトルに水とイースト菌を入れ接続したらしばらく放置します。

少し時間が掛かりましたが、少しずつCo2の気泡が出てきました~


co2.jpg

Co2器具を揃えると高くつくというイメージがあったので今まで導入に踏み切れなかったのですが、発酵式は材料も安価で揃えられていいですね~
外部フィルターを使用しているので、酸素不足にならないよう夜間エアレーションでいこうかな
今後は水草の成長に期待ですね。カボンバはこれ以上爆殖してほしくないですけど・・・・
モスドームやナナプチには頑張ってもらいたいところです。早くモッサモッサになっとくれ~♪

最後にCo2発酵式の参考にさせていただきました夢幻さんに感謝です。有難うございました。
◆黒いの発生!

一昨日の夜発見しました!我が家の水槽に黒髭藻発生であります・・・(´・ω・`)
いつの間に生え出したんだろ・・・この大きさになるまで気がつかなかったです。


kurohigemo.jpg

ちょっと画像がよくないですが、ミクロソリウムの葉に何箇所か発生しているのを確認しました。少し調べてみたところ黒髭藻(黒房藻)発生の原因として以下が考えられるようです。

①水槽内の水流が強すぎる。
②水質がアルカリ性で高硬度になっている。
③生体の入れすぎ、エサの与えすぎなどで、過剰に糞などの老廃物が発生している。
④肥料の入れすぎ、または植えられている水草が少ない。
⑤水槽の換水をあまりしていない。
⑥フィルターの目詰まり、ろ過能力不足。
⑦ろ材や底床の汚れすぎ、古くなりすぎ。

結構いろいろと原因なる要素があるんですね~
さて、我が家の水槽環境で当てはまりそうなのは・・・ん~どうだろ?

①は若干影響あるかも?シャワーパイプのエンドキャップに穴開けしてるから黒髭藻の
  発生地帯に丁度シャワーエンドからでてる水流が通ってみたいなんですよね~
②はph検査紙などの検査用具の用意が無い為、分かりません・・・(^_^;)
③はたぶん問題ないと思う。最近はバクテリアもだいぶ繁殖してきたようで和金の蕎麦糞も
  6~8時間くらい経つと分解されて無くなってる様子なので。
④は問題ないかな。Co2や肥料の添加もしてないし、水草も多くも少なくもないと思う。
⑤も問題ないかな。週一で1/3ほど水換えのサイクルで安定してる・・・と思う。
⑥も問題なさそうだけど。外部フィルターにしてからまだ1ヶ月も過ぎてないので、
  まだ平気だと思う。今のところ水換え時に給水スポンジの濯ぎ洗いくらいかな。
⑦も問題ないと思う。濾材も底床もまだ新しいし、低床のゴミもたまにスポイトで吹き上げて
  フィルターに吸わせるようにしています。

とりあえず自己判断なんで意外と見えてない部分があるのかもですが、水流の流れを少し改善してみることにします。シャワーパイプのエンドキャップを穴の開いてない物に変更してシャワーの角度をガラス面寄りに傾けてみることに。

さて、生えてしまった黒髭藻ですが「木酢液」の希釈液を藻(苔)の発生部に塗布することで
簡単に除去できるようなので、園芸用品店で「木酢液」を購入してきました。


mokusaku.jpg こちらが購入した木酢液500ml です。
ホームセンターなどでも売っていると思いますが、希釈済み(10倍)の物もあったりするので注意です。水草に使用する場合は2倍ほどの希釈液を使用するので、原液を購入するように。
原液をスポイトや軽量カップ、スプーンなどを使って水で2倍に薄めます。


mokusakueki2.jpg 2倍希釈液を刷毛を使って黒髭藻が発生している部分に直接塗布します。
広範囲に症状があったり、量が多い場合は霧吹きで吹き付けるか、大き目の容器に2倍希釈液を入れて、その中に浸けるのもいいですね。
塗布して10秒ほど経ったら水で洗い流します。

これで処置完了です。


※木酢液などを使用する場合、水溶液の濃度や洗い流すまでの時間によっては、水草が枯れてしまうことがあります。特にアヌビアスなどの葉の固い水草以外への使用は、濃度や時間などに充分注意して使用してください。
初めは薄めに塗布して早めに洗い流して様子を見るのも事故を防ぐ予防になります。
また、苔や藻が付着する前に、あらかじめ木酢液などを微量に(加減は分かりませんが・・・)
添加しておくと、コケ予防になるようです。


処置も終わったので、さっそくミクロソリウムを水槽に戻してみました。

kurohigemo2.jpg

効果覿面です!! 黒かった髭藻が早くも茶色になってますね(゚д゚ )
効果がすごいのはいいケド、明日になって水草が枯れてたらどうしましょ・・・
っと見ていたら茶色くなった髭藻に金魚が食いついたよ! (* ω)゜゜
茶色くなって金魚やオトシンたちのゴハンになるのだろうか・・・
ん~何はともあれ無事に黒髭藻は絶やすことができそうですが、またいつでることやら(^_^;)



最後に一枚見ていただきたい画像が・・・・

suisou523.jpg

普通に本水槽の全景なんですが、カボンバが・・・・・また・・・伸びてる.。゚+.´・ω・:::::.... . . .
あっさりと水面まで到達してます。何でこんなに伸びるの早いのよぉぉぉ~~~
先日
水草伸びてますの記事でトリミングしたばかりなのに・・・
あれからまだ4日しか経ってないのにこのあり様とはコレ如何に?
どうやらウチのカボンバは日毎に2cmくらい伸びてるようでして、まったくどうしたもんか(^_^;)
また来週末あたりにトリミングすることになるのだろうか。。

◆水草トリミングしました

我が家では金魚の餌に浮遊性と沈下性の両方を与えているのですが、最近オーバーハングぎみのカボンバやミリオフィラムspに浮遊性の餌が引っ付くことがしばしばでして、水槽内の見栄えも良くないので思い切ってトリミングすることにしました。

↓before
trimming1.jpg

画像で見ると水面まで伸びていないように見えますが、実際は水槽前面に向かってユラユラと水面を漂ってます・・・何度か無理やり押し沈めたりしていたら横に伸びだしたりS字に曲がったりと不恰好になってしまい、どうにも収まりが悪くなる始末で・・・(゚ω゚;A)
↓after
trimming2.jpg

カボンバは成長速度が速いので若干短めにカットし、ミリオフィラムspはソイルに根を張っていたので少し迷ったのですが思い切って抜きました・・・ミリオフィラムは脇芽が3つほどあるのでカットする場所に悩みましたが、脇芽を残しつつできるだけ短くすることに。
トリミング後は水槽内がすっきりしてライトの光が遮られぎみだったナナプチにも光があたるようになっていい感じです。トリミングした茎下はもったいないので、一束にまとめてウエイトを付けアベさん水槽に入れちゃいました(^_^;)

実はウォーターバコパも一週間ほど前にトリミングしてます。葉の色と間延びした茎が気になっていたので溶けて茶色になった下の葉を除去し少し短くカットし差し戻しました。
ライトは14Wを使用しているので光量は高くないのですが、今日トリミングした2種はホント成長が速いですね~脇芽の成長に期待したいと思います。
本文に入る前に残念なお知らせあります。前回水草を入れた後にソイルを導入したのですが
その数日後にヤマトヌマエビ3匹石巻貝2匹がお☆様になってしまいました。
エビ類は水質に敏感なのですね><
石巻貝にあたってはリセットされた水槽でエサの苔不足だったようです。
無知で不甲斐ない飼い主でゴメンよ~。゚(つд∩)゜。今後の教訓にしたいと思います。

◆水草増量~

さて本題です。前回中途半端に水草を入れたのですが、新たに増量することにしました。
底床にはGEXの水草一番サンドを3.5kgほど敷いて5日ほど前に準備しました。
ソイルを仕様するのは初めてで水を張ってみてちょっと思ったのですが、ソイル粒の比重が軽いので金魚が底砂を吸い込んで撒き散らしてしまいそうな予感が・・・(^_^;)

今回導入した水草は下の5種です。


ヘアーグラス
名の通り、髪の毛のような水草です。好適な環境ではランナーを伸ばしながら増えていくようです。Co2添加ができればいいのですが我が家には設備が・・・・(-_-;)ナイ
Co2添加が要とのことで枯らせてしまいそうで心配です。

nana.jpg アヌビアス・ナナ プチ
通常のナナよりもかなり小さく、ナナ ミニよりもさらに小ぶりで葉も小さくプチって感じです。
比較的成長が遅いので長い目で見て株分けを目標にしようと思います。
今回は小さな流木に活着に挑戦します。


bakopa.jpg ウォーターバコパ
小さいですけどバコパです。成長速度は普通のようです。特徴として「脇芽も脇根も出しにくく光に向かって直線的に伸びる」光量で葉色などに変化がでるようですが、不足していると葉が溶け落ちてしまうそうです。心配だ・・・

miriofiramu.jpg ミリオフィラムspオレンジ ローライマ産
名前の通りオレンジ色が強いミリオフィラムでこの種は成長が早く比較的大きくなるとのことです。
伸びた茎を途中でカットして差し戻しが可能らしいので環境に適合できれば増やせるかな?

seminaro.jpg ミクロソリウム セミナローリーフ
シダ系水草種ですね。水草セットの一品として購入したのですが大型種なのかあまり大きくならない種なのか不明です。名前から察するにノーマルとナローリーフの中間なんでそれほど大きくならないのかな?巨大化したらどうしましょ・・・


◆水草のトリートメント

新規の水草を導入する際には残留農薬や害虫が水槽に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。
購入した水草に関しては残留農薬処理済、もしくは農薬未使用だと思われるものを購入したので大丈夫だと思いますが・・・

①まず溜め置きした水で葉に傷をつけないよう注意しながら十分に洗う。
②洗う際にスネール(貝)や、その卵も注意して見る。
③次に水道で洗い流し、別に用意した溜め水に一晩ほど浸けて下準備する。

輸送の際に弱ってしまったり、水草の状態によっては薬浴(栄養剤)もいいようです。
水草の元水槽で生体に病気などが発生していた場合は「アグテン」で薬浴をすることで、
水槽内に病原菌を持ち込まない予防になります。
(アグテンはメチレンブルー溶液とは違い、水草のある水槽にも入れることができるようです)
元気の無い水草には「メネデール」を1リットルに対して0.4mlほどになるよう希釈した水に1週間ほど浸けて休ませるといいそうです。(メネデールには光合成に必要な水分や養分の吸収力を高めたり、光合成を活発にする働きもあります)

今回は水草の状態も特に気になるようなところがなかったので①~③の工程ですませました。



◆ナナ・プチ活着させよう

前回のウィローモスに続いてまた活着ネタですいません(^_^;)
用意する物は、ナナ、手ごろな流木(石)、ビニールタイです。

購入したナナプチは小株なので小さな流木に活着してみることにしました。
流木はアクを抜きをしないと色落ちして水槽内が茶色になってしまうので、アク抜きは必須です。(アク抜き処理されて販売しているものあるので、そちらを購入すれば手間が減ります)
流木のアク抜きには鍋で40分ほど煮出して冷やす。この工程を4回ほど繰り返したあと溜め置きした水に一晩浸します。
翌日浸した水が茶色に濁っているようなら水換えをしてアクが抜けるまで数日続けます。
今回はアク抜きした物を購入しましたが、念のため一回だけ煮出して一晩水に浸す工程をとりました。色落ちもせずアクも抜けて問題なく使えそうです。

流木の準備もできたのでいよいよ活着作業に進みます。

①まずポットからナナの株を抜きます。
②根の部分にロックウールが巻いてあるのでこれを外します。
 (細かい部分はピンセットや爪楊枝など使うなどして丁寧に取り除きます)
③ウールが外れたら水でよく濯ぎます。(トリートメントの際に洗えなかった部分なので一応)
④ビニールタイを使ってナナの軸部分と根を流木に固定します。
 (成長したナナの根は1㎝ほど残してカットすると、新根が出てきて活着しやすいようですが、
  購入したナナプチは株も小さく根も短いので少しだけカットしました)

固定にビニールタイを使ったのは、ナナが比較的成長が遅い種ということで活着するまで時間が掛かるのを見越して途中で切れてしまわないように、芯に針金が入ったビニールタイを使用しました。


nana2.jpg       nana3.jpg
      ポットから抜きウールを外す               ビニールタイで流木に固定

完成です。前回のモスドームに比べるとずいぶん簡単ですね~
ナナは成長がゆっくりなので活着するまでかなり時間が掛かるとのことです。
無事活着してくれることを祈り気長に見守ろうと思います。



◆外部フィルター導入

水草も増え水質の管理のことを考え外部フィルターを購入してみました。
今まで使っていた外掛けフルターと比べるのはちょっとアレですけど・・・別物ですね(ノ∀`*)
・物理濾過と生物濾過の両立で濾過能力に優れている。
・密閉式のため二酸化炭素も逃さず水草水槽に理想的。
(生体がいるので夜間エアレーションで酸素補給をする予定です)


eco2232.jpg 購入したのがコレです。
EHEIM エコ コンフォート(2232)
使用電源   100V / 60Hz
ポンプ流量 ( ℓ/h ) 550 ℓ/h
最大揚程  ( m )  1.3 m
濾過槽容積 ( ℓ )  1.6 ℓ
消費電力  ( W )  8 W
サブストラットプロレギュラー1kg 付き

濾材付き、呼び水機能、静音、高流量
価格などを考慮してコレに決めました。


さっそく組んでみることにします。
まずフィルター本体の場所を決めます。(運転に支障が出ないよう水槽水面からフィルターへの最高&最低高低差に注意しましょう)
フィルターケースにクッションラバーを貼って、ヘッドのコネクターに開閉タップを接続ます。
給水&排水パイプの取り付け位置を決めたら、2つの開閉タップとパイプをホースでつなぎます。
・金魚の吸い込みで巻き上げたソイルや、大きなゴミをフィルターに入れないよう給水パイプに
 はテトラのP-1フィルターを接続しました。
・流量が多いので排水の流れによる洗濯機状態防止の為シャワーパイプを接続してみました。
ろ材コンテナに濾材を入れ、フルターケースにセットします。(気休めですがバクテリア繁殖の為、濾材に今まで使用していた外掛けフィルターの給水スポンジのしぼり汁をかけてみました)


showerPipe.jpg      rozai.jpg
    上P-1フィルター 下シャワーパイプ                  濾材コンテナ

さていよいよ始動です。2つの開閉タップを開いたらマルチハンドルを倒して呼び水をします。
水が呼び込まれ始めたらマルチハンドルを元に位置に戻し、水が完全に溜まるまでこのまま待ちます。これで電源投入準備完了です。さっそく始動してみることに・・・
ブゥーーーーン・・・・・ ・ ・ ・ ・  ・ こ、これは・・・静かだ(゚д゚ )今まで外掛けフィルターの流水音に慣れていたのもあって驚きの静かさに本当に動いているのか疑ってしまうほどですね。
いい買い物しました大満足です。あとは濾材にバクテリアが繁殖してくれるのを期待して、一ヶ月ほどしたら一度メンテしてみようと思います。
今回水換えは1/3しかしていませんが、水草や新フィルター導入による水質変化を考え、大事をとって一日ほど寝かせて水合わせをしながら生体を入ようと思います。


suisou.jpg
とりあえず水草とフィルターの設置が終わったので画像を載せてみました。


まだ水質が安定するまでしばらく時間が掛かかりそうです。
ここ2週間ほどの短期間に目まぐるしい環境変化で金魚達には申し訳ないのですが、今後も水草やエビに金魚達も元気でいてくれることを祈りつつしばらくは注意して見守ることにします。
水槽も大きくなってエビや巻貝を入れてふと思いました。
うちの水槽って
水草ないじゃない!あるのは作り物プランツばかり・・・せっかくエビちゃん入れたのに何かが違うと思いさっそく水草関連のサイトを見て回ることに・・・
いろいろ勉強させていただきました。
水草水槽って大変なのね~(。>ω<。) 水温、Co2、ph値、肥料、光量、土壌・・etc などなど水草経験のない私にはとても難しく思えます。
とりあえず今の設備では本格的な水草水槽はできそうにないので現状で育成できそうな水草を探してみることに。「アヌビアス・ナナ」「ウィローモス」「マツモ」なら低光量にCo2添加無しでも育ちそうなのでショップに探しにいってみることにしました。
しかし・・・目当てにしていたアクアショップが店休で仕方なくホームセンターのアクアコーナーに行きました。残念ながらアヌビアス・ナナは品切れ、マツモは葉が溶けかけていて状態が良くないので今回は断念しました。ウィローモスは良品?があったので購入しましたがモスだけじゃ寂しいと思い、目に付いたカボンバの状態が良かったのでついでに購入しました。(たしかカボンバも育成は容易なほうだったはず・・・たぶん?)
我が家の水槽の現状だと砂利も敷いてないので植え込む水草はまた次回に挑戦しようと思います。
カボンバは板オモリを巻いてそのまま沈めただけですが、やっぱ本物の草が入ると雰囲気変りますね~

ウィローモスでモスドーム作りに挑戦

水草サイトを閲覧した際にモサモサ茂ったドームに興味が沸いて勢いで作ってみようと・・・
用意したものは水草用の小鉢と排水口用のネットと拾ってきた小石です。

①まずモスを2cmほどに切りまくります。(切った所から新芽が出るようで切り口は多いほうがいいそうです)
②次にネットに小石を入れて鉢をひっくり返した状態で下から穴にネットを通します。
 (小石はネットの抜け防止の為、大きさは適当で)
③鉢を濡らして先ほど切ったモスを貼り付けます。(まんべんなく全体に重なり過ぎないように)
④②で通したネットで鉢全体を包みます。(ネットを裏返す感じでせっかく貼ったモスがズレないよう慎重に)
⑤ネットの口を纏めて万能ビニールタイで縛ります。(ほどけたりしなければ釣り糸でもタコ糸でもいいかも)

作業中の画像もUPしたかったのですが撮り忘れてしまい文章だけになってしまいましたね・・・
今回は小鉢を2個セットで購入したので2個作ってみたけど片方は葉が少なくなっちゃった。
大丈夫かな?ちょっとネットの網目が細かいので新芽がネットから出てくれるか心配です。
無事育ってくれるといいのですが・・・水草を入れたのでエアレーションは夜間だけにしようと思います。

mosudoom.jpg


でもやっぱ照明がほしくなってこのあとチャームで注文しちゃいました。40cm水槽用の物ってあまりないんですかね?蛍光灯部分にカバーが付いた上部設置型がよかったのですが、値段と光量を考えて「テトラミニライト ML―13W ホワイト」を購入しました。13Wで1980円でお買い得のはず・・・
明日届く予定なので今から楽しみです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。